テーマ:

魔所:堀川アサコ

以前紹介したイタコ小説「たましくる」の続編といったら反応せざるをえない。 今回は怖さ増量グロさ増量となっております。 楽しみにしていた続編だったのですが、面白くて一安心。 タイトルにもある「魔所」は杉沢村(都市伝説でおなじみ)のイメージも入ってるそうだ。 相変わらず青森県人にはたまらない内容でした。 イラストには賛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たましくる:堀川アサコ

イタコと聞いては青森県民としては反応せざるをえない。 美少女のイタコとわけありの女性が事件を解決していくという内容。 作者が青森の人だから出てくる津軽弁ちゃんとしてるし、県民なら楽しさ激増。 オカルト要素もありつつなのに後味が悪くないという好作品でした。 これは続編読みたい。 たましくる楽天ブックス イタコ千歳のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレゼンの勉強してみる

大橋照子さんの新著が出たので買いました。 仕事でプレゼンとか新人教育とかしているので話し方の勉強になればと思ったんですよ。 買ってよかった! 自分もそうだったけど話の途中で「えー」っていう口癖の対処法とかためになる話がてんこ盛り。 話し方もそうだけど外見を含め人としてのマナーが書いてあるので企業の新人研修用にもよろし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔のダンス-絵の中から誘う悪魔

という本を買いました。 絵画に描かれたいろいろな悪魔を紹介している本なのだが、絵以外の話も面白かった。 ゲーテの「ファウスト」はオペラであらすじを知っているが、元ネタの伝説は最後が悲惨。 悪魔との契約満了の次の日、 「次の朝ファウストの部屋は血の海でした。床には二つの目玉と歯が散らばっていました。」 って怖すぎる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日届いた料理本

ヤミーさんの3STEP COOKING という本なのだがなかなかよい感じ。 地下鉄の駅に置いてある雑誌で見かけて興味を持ったのだが、 本当に全部3ステップだ。なので載ってる料理がものすごく多い。トルコ料理が意外とある。 しかも面倒なところがほぼ無い。フライパン、電子レンジ、オーブントースターで出来るので楽。 ありがちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日読んだ本:はっちゃんベトナムに行く

これは「ベトナムの赤ひげ」と呼ばれる服部匡志医師の本です。 私のつたない文章では伝えきれないので是非買って読んでほしい。 特に仕事で悩んでる人とかこれから就職する人とか。 「仕事」とは何か。自分に何が出来るのか。考えさせられます。 そして素直に「こんなすごい日本人がいるのだなあ」と感動します。 知らなかったがAPE…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

青春拳法開眼小説 カンフーガール

女子高生が太極拳を習って格闘技大会に出るという話なんだが、 大会の部分の描写はあんまり上手くないんだが練習の場面とか 技術解説的部分がすごくマニアックで面白い。 これはある程度知ってる人ならすごく楽しめると思います。 割とサクサク読めるし私は楽しめました。 青春拳法開眼小説 カンフーガール
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ないものねだり

という中谷美紀のエッセイ集を買いましたよ。 本上まなみとはまた違った感じのエッセイで面白かったです。 彼女のいろんな面が見れてなかなかいい感じ。 生活感無いように見えるけど料理話が多いとか、柴崎コウに間違えられて、柴崎コウになりきってサイン描いたとか。 何より女優として活動の部分がさすがプロだなって感じです。 ない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

倉田保明「香港アクションスター交遊録」

倉田先生の本ですよ。これはもう買うしかないでしょ。 ファンになったきっかけが「クローサー」の人も「Gメン’75」の人も「帰ってきたドラゴン」の人も買いましょう。 さすが倉田先生ですから最近もがんがん映画とかでまくり。 「クローサー」でビッキー・チャオと共演しててうらやましい。と思ってたら「安娜與武林」でミリアム・ヨンのお父さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more